HOME > WordPress > [WordPress]URLからcategoryを取り除くことが出来るプラグイン「WP No Category Base -WPML compatible」

[WordPress]URLからcategoryを取り除くことが出来るプラグイン「WP No Category Base -WPML compatible」

「WP No Category Base -WPML compatible」はURLから/category/を取り除くことが出来るプラグインです。

通常カテゴリーページを表示する時は、

http://sitename.com/category/wordpress/
と「/category/」が表示されます。

以前は、URLが短いほうがSEOに有利だと言われていましたが、実際は関係無いようです。
ただし、ユーザビリティのことを考えれば、短いに越したことはありません。

このように省略してくれます。

インストール方法

プラグイン > 新規追加 > 「wp no category base – WPML compatible」で検索

最終更新が3年前と少し気になりますが、、「WP No Category Base – WPML compatible」をインストールしてください。

プラグインを有効化をクリック。

これで設定が反映されます。

注意点

このプラグインを使用するにあたり、2点、注意が必要なケースがあります。

固定ページのパーマリンクとカテゴリースラッグが同一だとリンクがおかしくなる

当然のことなんですが、固定ページのスラッグ名とカテゴリースラッグが同じだとリンクがおかしくなります。

固定ページ
http://example.com/contact/

投稿
http://example.com/category/contact/

/category/を省略したことによってURLが同じになってしまいました。

たしか固定ページの方が表示されます。

アンインストール後の404エラー

アンインストールするとトップページ以外は404エラーになってしまいます。

かなり焦りますが、

管理画面の設定→パーマリンク設定→変更を保存(実際に変更する必要はなくボタンを押すだけ)

でなおります。

コアな部分の変更なので何年も運用しているサイトで、このプラグインを使うのはけっこうヒヤヒヤものです。自分はサイト立ち上げ時以外は怖くて使ってませんw
使用する時は自己責任でお願いしますm(_ _)m