HOME > WordPress > [WordPress]リンク切れを教えてくれるプラグイン「Broken Link Checker」

[WordPress]リンク切れを教えてくれるプラグイン「Broken Link Checker」

Broken Link Checkerは、サイト内でリンク切れが発生するとお知らせしてくれるプラグインです。

しばらくサイトを運営していると、過去にリンクしたサイトが閉鎖してたり、URL変更してたりで、リンク切れすることが多々あります。

デッドリンクはサイトの評価を落とす可能性があるので、出来ればなくした方がいいでしょう。
ユーザーにもやさしくないですよね。

インストール方法

プラグイン > 新規追加 > 「broken link checker」で検索

いますぐインストールをクリック。

「プラグインを有効化」をクリック。

設定方法

設定 > broken link checker をクリック。

一般設定

ここが基本設定になります。

ステータス

リンクエラーがあった場合、ここに表示されます。

各リンクをチェック

リンクチェックするタイミングを設定できます。デフォルトは72時間になってます。

メールで通知

リンク切れがあった場合、メールでお知らせしてくれます。

通知メールアドレス

メール通知で使用するメールアドレスを設定できます。
一般設定で指定したメールアドレスを使用する場合は空白のままで大丈夫です。

リンクの調整

リンク切れが発生した場合、どのように表示するか設定できます。
デフォルトでは「リンクエラーにカスタムCSSを適用する」のみチェックが入っています。そのままで問題ないでしょう。

このように表示されます。→リンク切れ


表示を変えたい時は「CSSを編集」から変更可能です。
「CSSを編集」をクリックするとテキストエリアが出てくるので適宜修正してください。

リンクエラーが直接検索順位を下げることにはつながりませんが、ユーザビリティの面からするとアウトなので、見つけたらすぐに修正しましょう。

リンクチェック対象

次はリンクチェック対象のタブ。
デフォルトでは「コメント」「固定ページ」「投稿」にチェックが入っています。カスタムフィールドを使用している場合は、そこもチェック入れましょう。

リンク種類チェック対象

リンクの種類を選べます。テキストリンク、画像リンク、動画へのリンクなど。
特定のURLの除外もできます。

プロトコル&API

APIを使用してリンク生成している場合にチェックします。
このままで大丈夫だと思います。

高度な設定

タイムアウトの時間設定、ログ保存などが設定できます。

設定は以上になります。基本的にデフォルトのままで問題ないので、プラグインを有効化したらOKです。

リンクエラー更新

リンクエラーがあった場合、各記事をわざわざ更新することなく、プラグインのページから直接編集することができます。

メニュー「ツール」→「リンクエラーをチェック」を選択。

ここにリンクエラーのあった URLがリストアップされます。
直接編集可能です。

URLを編集

ここからURLを編集できます。

リンク解除

リンク解除します。

リンクエラーではない

けっこう誤認知があります。そういう場合はこれを選択。

リンク切れから解除

リンク切れ、気にしませんボタン。用途がよくわかりません。

右側に編集ボタンから投稿ページに遷移できるので、そこから修正もできます。